医療法人弘仁会 苓北クリニック/介護老人保健施設 がりゅう園では、地域から求められる医療・福祉サービスの提供に取り組んでいます。

トピックス

苓北伝統の蛇踊りを披露して頂きました。

がりゅう園の入所者の方達の為に、苓北町の伝統芸能である蛇踊りの保存会の皆さんが演舞を披露しに来て頂きました。

「蛇踊り」は、苓北町・富岡稲荷初午の大祭で奉納される演技です。
金の玉は太陽を現し、ドラの音は風を呼び、太鼓の音は稲妻を現し、パラパラの竹の音は降り注ぐ雨音を現し、大蛇が太陽を追う姿が蛇踊りの演技と言われています。

「初めて観る」・「観たことがある」とそれぞれおっしゃっりながら、みなさんとてもワクワク、楽しみに会場スペースへ移動されていました。

近所の地域の皆さんも大勢見物に来て頂き、演舞が始まりました。
鐘と太鼓とシンバルの音の中、手をたたいたり一直線に演舞を見つめていらっしゃったり、大満足そうです。

最後は蛇と保存会の皆さんと記念撮影でピース!
保存会の皆さんも、入所者の方達がとても喜んでいたのを満足にされていました。

みんなハッピーになる。
またこんな機会を設けたいですね。

お祭り見学にドライブ!

今日は一年で最も寒いとされる「大寒」の日です。
毎年この日は、苓北町上津深江の八坂神社で400年以上も続く神事である、伝統の「裸まつり」があります。

この日に合わせて以前より計画し、入所利用者と通所利用者の体調の良い方達と一緒に、お祭り見物にドライブに出かけました。

お祭りは約400年前、地区で流行した疫病を治めるため、山伏が海でみそぎをしたのが始まりといわれています。
そのため、さらし姿の男衆が朱塗りのみこしを担いでほら貝の音を合図に次々と厳冬の海に飛び込み、威勢良く「ヨイヤ、ヨイヤ」と声を掛け合いながら約300メートルを泳ぎます。

寒いので車の中からドアと窓を開けて、その凛々しい姿をみなさん楽しそうに見られていました。

帰りの車内では「良かった!楽しかった!」と大満足な会話が飛び交っていました。


また行きましょうね。

       
  • 1
ページの先頭へ戻る